カイテキオリゴが赤ちゃんに良いのは腸内の善玉菌が増えるからです

赤ちゃんにカイテキオリゴ
カイテキオリゴは赤ちゃんに健康という宝物を贈ってくれます。

もし赤ちゃんの便秘で困る事があれば、便秘の原因次第ではカイテキオリゴが役立つ事が多いでしょう。赤ちゃんから大人まで愛用者の多いカイテキオリゴは継続(リピート)して使用する人の多いオリゴ糖です。
 
離乳食はそれまでの母乳やミルクとは全く食物形態が違うために、便秘を起こしがちなんですね。胃腸がその食形態に慣れてくればそのうち便秘が解消することも多いので、しばらく様子見をしてから使うのも一つの方法ですね。

でも、カイテキオリゴは腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めるという健康上メリットのある働きもするため、できれば離乳食の時期から継続して使う事をおすすめします。ただ、薬ではないので、即効性などを求めて飲むものではないんです。
 
便秘に限定せず、腸内環境を整えて腸管免疫力を高めることは我が子の将来の健康を大きく左右することですから、オリゴ糖を毎日摂取させているという方も大勢いらっしゃいます。健康の秘訣は腸を綺麗にすることとお医者さんは言っています。


  また、便秘を解消すればアレルギー予防にもなります。カイテキオリゴで善玉菌を増やし、腸内環境を整え腸管免疫力を向上させることで、アレルギーの予防や改善につながります。重度では少し難しいのですが、そうでないアトピーのお子さんも利用されています。
▼カイテキオリゴの詳細は公式サイト▼

カイテキオリゴのあげ方

白湯

赤ちゃんにカイテキオリゴをあげる場合、白湯に溶かして冷ましたものをあげましょう。水道水であれば5分以上沸騰させますが、できればミネラルウォーターを沸騰させ、カイテキオリゴを入れた器に白湯を注ぎます。カイテキオリゴを50CC前後の白湯で溶かして哺乳瓶であげます。
 
 
オリゴ糖は腸管免疫力を高める優れた健康食品。善玉菌が減少しているといわれる現代の子供たちの免疫力低下は本当に心配な事ですね。食事では水溶性食物繊維が善玉菌のエサになりますが、わずかな量にとどまりがちです。

ぜひ幼いうちからオリゴ糖を摂取して善玉菌を増やしましょう。もちろんお母さんに便秘があれば解消するためにもお勧めします
 
ご存知でしょうか。牛乳から乳糖を作るときに極く微量に乳タンパクが入ります。カイテキオリゴを重度の乳アレルギーのある赤ちゃんにあげたい時には、まずお医者さんに相談してみてください。
それでも今後アレルギーの予防や改善として使えるオリゴ糖だという認識は持って置いてください。今はダメでも食べられる日が必ず来るんです。赤ちゃんの食物アレルギーは大腸の機能が強く成ってくると無くなってくるからです。

カイテキオリゴを上げる量
カイテキオリゴを上げる量
 ~生後6ヵ月→0.5g~
 生後6ヵ月~1歳→1g~
 1歳以上→2g~3g

カイテキオリゴをミネラルウォーターの熱い白湯に溶かす

塩素を抜くためには15分以上水道水を沸騰させないと発がん性のあるトリハロメタンが生成されて危険だといわれてきました。でもこれは昔のことです。今は5分程度の煮沸で良いことが分かっています。
 
煮沸した水道水で構わないんですが、できることなら、大事な赤ちゃんのためにはミネラルウォーターが望ましいです。ミネラルウォーターには便秘に効果のあるミネラル分が入っているのが使いたい理由です。

白湯の作り方をご存知ですか? ⇒ 白湯の作り方の参考動画

カイテキオリゴが便秘に効く根拠

カイテキオリゴは腸内のビフィズス菌、乳酸菌のエサとなるので、徐々に腸内の善玉菌が増えていきます。その善玉菌の分泌する分泌液が大腸のぜん動運動を促進するんです。すると大腸の動きで便が肛門に向かって送り出されるから便秘に効果があるのです。
 
ポイント なにより自然なぜん動運動が大事です。便秘薬で無理矢理腸を動かすのは良くありません。第一強い痛みを伴い、段々と常習性の便秘になってしまいます。便秘薬が手放せなくなって悪玉菌で一杯の大腸は便秘薬の影響で腸の壁が黒く弾力の無い状態になって収縮しなくなります。

大腸の筋肉が働かなければぜん動運動は起こらないので、排便はできなくなるんです。便秘薬にもいろいろあるので、副作用の強いアントラキノン系は使ってはいけないのです。

オリゴ糖で赤ちゃんの便秘対策

 

赤ちゃんの便秘解消の考え方

赤ちゃんの便秘は離乳食という食べる物の変化をきっかけによく起こります。多くの場合、母乳から離乳食への移行期には消化機能が未熟だから便秘がちになるのです。
 
そういう時にどのように対処したら良いのか迷うものです。ここでは、原因をいくつかに分けて対処法を考えてみたので参考にしてみてください。

赤ちゃんの便秘の主な原因

便秘の原因は主に次のようなものです。原因を見つけてそれぞれに便秘解消法を試してみましょう。場合によっては全部が当てはまるかもしれません。焦らず根気よく取り組んでみてくださいね。

 便秘になりやすいミルク
 母乳不足
 運動不足
 便秘解消法


母乳だけでなくミルクの併用も考える
時計回りに円を描きながら軽くお腹をマッサージ
便秘改善エクササイズ(両脚を交互に軽く曲げたり伸ばしたりの単純な運動)
大人用の綿棒で赤ちゃんの肛門刺激をする(クセになるので最後の手段)
 

オリゴ糖をあげて、赤ちゃんが健康に生きていくための応援をしましょう

カイテキオリゴを赤ちゃんにあげると便秘が解消した

色々と試しても駄目なら、腸内環境があまり良くない可能性が高くなります。腸内環境は善玉菌が多くないと腸の動きが悪くなり便秘が起こってしまいます。善玉菌は免疫力にも関係しているので、アレルギーを初めとした免疫系の病菌にもなりやすいのです。
 
オリゴ糖は次のように上げてみてください。5グラムのオリゴ糖を50ccの白湯で溶かして冷ましたものを1日1回あげます。このオリゴ糖が善玉菌のエサになるので、こうすることで善玉菌が増えてきます。オリゴ糖は血糖値も上げず、甘い物好きや肥満にもならないのでおすすめです。
 
一番のおすすめがカイテキオリゴです。赤ちゃんからお年寄りまで日本で一番利用されているオリゴ糖がカイテキオリゴ。何種類かのオリゴ糖がブレンドされているので、色々な種類の善玉菌を増やす働きをして大腸のぜん動運動を高めます。腸内には多種類の善玉菌がいるため、複数のオリゴ糖がエサとして必要なんです。

 腸の善玉菌と腸管免疫

今は離乳の時期が早い傾向があるようですね。早く離乳させて起こる問題は消化器官が未熟なのに分解吸収できないほどの「大きなタンパク質の分子」が小腸の腸壁を通過してしまうこと。未消化のタンパク質が腸壁を通過するとアレルギーの原因となってしまいます。食物アレルギーが一番早い時期に起こるのはこのためですが、消化器官の発達とともに治ってきますが、場合によっては別のアレルギーに移行していきます。ダニやホコリアレルギーです。

赤ちゃんの善玉菌は便秘だけでなくアレルギー予防になります

赤ちゃんが生まれてから善玉菌をお母さんから引き継いで腸の中で増えていくはずなんですが、何らかの理由でうまく引き継げなかったり、お母さんの腸に善玉菌が不足していたりすると、赤ちゃんの善玉菌が増えていきません。これが赤ちゃんの便秘の原因になっている場合もあります。免疫の70%が腸管免疫ですから、アレルギーに苦しむ子供になる可能性があります。
 

多くの研究によると、アレルギーは年々増加しており、その原因は色々ですが結果的に「腸の善玉菌」が少なくなっていることがわかっています。純度の高いオリゴ糖をブレンドして赤ちゃんに与えると様ざまな善玉菌(ビフィズス機にや乳酸機)のエサとなり善玉菌を増やしてくれます。
 
そこでおすすめしたいのはグラニュー糖ではなくオリゴ糖です。白湯に溶いてあげれば、砂糖の甘さの4分の1という摂取カロリー。グラニュー糖を水で溶いてあげてるかもしれませんが、下痢や虫歯問題に賛否両論あります。
 

オリゴ糖なら善玉菌のエサになって大腸善玉菌を大幅に増やすので一石二鳥です。大腸の中に住むビフィズス菌を中心とした善玉菌は、赤ちゃんの免疫にも大きな効果があるので、オリゴ糖を是非食べさせてみてください。食事の前に白湯に溶かしたオリゴ糖を小さじやスポイトで少しずつあげて見てください。
 

オリゴ糖の中でも定評があり多くの人が使用しているのがカイテキオリゴです。純度はほぼ100%で添加物など一切入っていない自然素材からできています。複数のオリゴ糖をブレンドしてありますから色々な善玉菌を増やす事ができます。これが便秘だけでなく大きな健康上のメリットをもたらしてくれます。
 
赤ちゃんの便秘対策として綿棒浣腸やお腹のマッサージは対症療法としては必要ですが、解決にはならないこともあります。その場合便秘の原因が違うのですから便秘は続きます。多くの場合腸内の善玉菌を増やして、善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスをとることで便秘の原因の解消ができます。
 

悪玉菌もバランスを取るために少量は必要な菌ですが、ポイントは善玉菌を増やすことです。善玉菌の代表はビフィズス菌。増えたビフィズス菌が分泌する乳酸が大腸の蠕動運動を促進して、便を直腸、肛門まで運んでくれます。これが赤ちゃんの便秘の根本的な解決ですし、アレルギーの予防にも効果的な方法です。

便秘とアレルギー

離乳を早くする傾向はアレルギーの問題と無関係ではありません。胃腸がまだ十分に育っていない赤ちゃんに離乳食を食べさせると、消化が十分にできず分解が不十分なたんぱく質が腸の壁を通過しやすくなります。もし通過してしまうと、それがアレルゲンとなって免疫反応を起こしてアレルギー症状がでてしまうのです。腸の壁も荒れて炎症を起こしてしまいます。
 
便秘もアレルギーも無関係どころか深い繋がりがあるのです。先ほども述べましたが腸には体の免疫細胞の70%があります。一番重要な免疫は腸にあるのです。善玉菌を増やすことが免疫力を高める事は常識となっていますね。腸内の善玉菌がとても少ない赤ちゃんの場合には、便秘だけでなくアトピーやアレルギーに苦しむようになるかもしれないので、善玉菌を増やしましょう。
 

赤ちゃんの便秘やアレルギー対策には、腸内細菌の善玉菌増やすために、オリゴ糖を食べましょう。赤ちゃんにも全く無害ですから問題はありません。カイテキオリゴが日本一利用されて日本一有名な純度ほぼ100%のオリゴ糖です。便秘薬を赤ちゃんに使ってはダメですよ。そしてお母さんもオリゴ糖を食べて下さい。お母さんの腸に善玉菌が少ない事が赤ちゃんに引き継がれている可能性が高いからです。
 
カイテキオリゴは便秘やアレルギーの問題に力を発揮します

カイテキオリゴの食べ方

お母さんにも是非オリゴ糖をおすすめします。便秘は腸内環境が悪い証拠です。女性に大腸がんが多いのは、女性に便秘が多いことと関係が深いのです。オリゴ糖は熱にも強いので加熱料理やお菓子作りの材料としても使えます。ヨーグルトと混ぜても味噌汁に入れても、好きなコーヒーに砂糖として入れても良いのです。
 

赤ちゃんにオリゴ糖を食べさせるだけでなく、お母さんもオリゴ糖をヨーグルトに併せたりして楽しんだら最高です。お母さんも妊娠中に便秘になりやすかったはずです。出産後も便秘で悩むお母さんは多いんです。赤ちゃんだけでなくお母さんにもオリゴ糖をおすすめします。その時に色々とミックスして食べると楽しめます。
 
ヨーグルトだけじゃなく何にミックスしても良いです。お味噌汁などの和風の食事も便秘に良いので、味噌汁にオリゴ糖を入れる人もいるぐらいです。熱にも強いのでお菓子作りにも使えるし、コーヒーに入れる人まで。甘さは抑え目なので甘ったるくならないのも好まれています。

このようにしてオリゴ糖を毎日5ccほど食べる事で、大腸の中の環境がどう変わるかというと、排便が一日も欠かさず出ることはなくても詰まった感じはなくなったという人もいますし、毎日すっきりするようになったという人まで幅広い効果がみられています。

 
便秘症になってる女性は体重が落ちにくいと言われます。腸内の環境というものが悪化すると、体の代謝能力が落ち込んでしまうからです。オリゴ糖というものを大量に食べると、太ってしまって後悔するのではないかとどうも心配かもしれませんが事実は全く逆です。。

腸内に善玉菌を増やすことで、腸を通して栄養素を吸収しやすく代謝効率の良い体になります。便秘にオリゴ糖が有用だとはいいますが、流動体のオリゴ糖は甘味料なので純度は低いのです。粉末のオリゴ糖だったら大腸内のビフィズス菌を増加させる役割があります。
 
  
甘さはかなり抑え目ですし、摂取カロリーも少ないので太る心配が無いのが有難い。赤ちゃんだけでなく、折角ですからお母さんもオリゴ糖を愛用すれば、色々と良い事があるはずです。因みに私はコーヒーに入れて一日5gほど食べてます。
 
 
カイテキオリゴが便秘に有効であるのは良く知られた事です。善玉菌を増やすことで便秘の解消につながることも科学的に認められた事実。オリゴ糖は母乳の中にも沢山の種類が入っており、赤ちゃんの腸内環境を整えています。

 
腸内の善玉菌は種類が多く、好みのオリゴ糖も色々と違ったりするので、カイテキオリゴには数種類のオリゴ糖が入っており上手く調整されています。カイテキオリゴは自然由来の純度の高いオリゴ糖ですし、多くの人が日夜愛用している信頼のおけるオリゴ糖ですからお勧めできます。
 
スーパーなどで販売している香りや発色用の食品添加物を含んだオリゴ糖だけは選ばないことです。純度の高いオリゴ糖であれば組成が多少違うだけですから、好きなオリゴ糖を選ばれても構いません。
 

 

カイテキオリゴは腸管免疫力を高める

カイテキオリゴを大量に食べると、太るのではないかと気にかかるでしょうが、100%の純度に近いカイテキオリゴは、殆ど胃腸で分解吸収されないので、大腸のビフィズス菌などの善玉菌のエサになるだけです。だから太る原因とはなりません。
 
また、数種類のオリゴ糖がブレンドしてあるので、様々な善玉菌のエサになり善玉菌を増やして健康な大腸になるのです。腸内で善玉菌が増えると、大腸の健康状態が良くなり免疫力が高まってきます。全身の60%もの免疫機能が大腸にあるので、赤ちゃんの成長にとってもオリゴ糖を摂食し続けることは、その後の長い人生の健康を左右するほどのものです。
 
たかが便秘ではありません。便秘は万病の元になるのです。人間の健康の源は腸にあるのに腸内環境が悪いことは深刻なことなのです。便秘は腸の健康に問題があるから起きているのです。日本人の癌死亡率が増えています。中でも女性は直腸癌の死亡率が最も高いのです。大腸の善玉菌が減り悪玉菌が増えてしまっている結果とも考えられます。
 
わが子は健やかに育てたいもの。腸の善玉菌を増やすような食を考えて見ましょう。
 
カイテキオリゴは便秘をすっきりさせるだけではなく、赤ちゃんに重要な免疫力を強化します。

 

腸内フローラを豊かにするオリゴ糖

子供を授かるとハードな便秘になることがあるので、オリゴ糖をヨーグルトにまぜて食べるのも良いことです。乳糖不耐性があっても牛乳とは違ってヨーグルトなら少量であれば問題ないことが多いです。*乳糖不耐性はアレルギーではないので心配しないように、日本人の70%以上の人が乳糖不耐性です。牛乳を飲んだらおなかがゴロゴロいうあれです。。
 
ヨーグルトに限定せず何に混ぜてもバッチリです。オリゴ糖というものは何にでも合います。熱で変性しないので、調理にもお菓子にも安心して使えるサプリと言っても構いません。
 
しかし、ここで注意しておきますが、オリゴ糖という名前がついていても、香りや色付けのために添加物が入っているものを買わないように気をつけましょう。添加物は年々増加しているアレルギーの原因の一つといわれています。スーパーなどで流通しているオリゴ糖は、オリゴ糖の純度が少ないものが多いので間違わないでください。それと善玉菌の種類は多いので、オリゴ糖をブレンドしてあるカイテキオリゴが最適です。
 

4種類のオリゴ糖のブレンドのカイテキオリゴは理想的

母親が食べる物が、胎児にも母乳を飲む赤ちゃんにも大きな影響を与えます。授乳中はお母さんの母乳にたくさんのオリゴ糖が入っているから良いのですが、離乳後が問題です。離乳後の赤ちゃんの便秘解消やアレルギー予防にカイテキオリゴは役立ちます。
 
余談ですが、オリゴ糖はお母さんのダイエットにも向いています。その訳は胃で分解するのに時間がかかり、腸での分解はほぼ無いため吸収されないからです。その結果大腸に棲んでいる善玉菌のエサになり、餌とならなかったものは体外に出されてしまうから余分なカロリーは体内に残りません。だから栄養摂取も問題なく善玉菌を増やしながらダイエットできるのです。食べないダイエットは危険です。また太らないために、カロリーゼロの飲料水を飲んでいるなら、長期に続ければ安全とは言えません。人工甘味料は危険です。妊娠中は絶対にやめてください。
 
乳幼児の腸に乳酸菌が少ない場合、カイテキオリゴを食事として摂ると大腸にの中に乳酸菌が増え、宿便がなくなってきます。カイテキオリゴが便秘の苦しみを軽減してくれるのです。
 
カイテキオリゴは栄養として吸収されにくく、大腸まで届いて乳酸菌の栄養素となり、大腸に住むビフィズス菌が増えて腸内フローラとよばえれる善玉菌のお花畑を作る栄養・肥料となるのです。